マーケットデータ・調査・レポートは株式会社日本・社会システムラボラトリー

2020:高品位・高臨場映像製品市場と可視光半導体レーザ光源の応用市場調査

「2020:高品位・高臨場映像製品市場と可視光半導体レーザ光源の応用市場調査」

◼️はじめに
人の活動全般にわたり、言うまでも無く、“光(ひかり)”、その効果である“明かり”は無くてはならないものである。近代に至っても、“火”、“炎”が長らく明かりの主役であったが、科学と工業の反映で電気ランプ類に移行した。もっとも、白熱電球では発光部品・フィラメントの発光は発熱し燃えているともいえる。原始から現代まで、“火”、“炎”の明かりの時代が続いていたともいえる。
一方で、電子の運動やエネルギを光に変換し、“明かり”とする一群がある。その中に、近年普及が進むLED、次いで可視光半導体レーザがある。レーザの利点・特性は「①高輝度性から大画面映像表示でも消費電力低減」「②指向性から必要部分のみ投射可能、遠距離投射可能」「③走査による投射表示(画を描く)可能」にある。こうした特性から、映像機器や照明機器の光源となる潜在機能を有している。従来の機器・ハードウェアの光源に採用、代替されることでハードウェアの機能向上、加えて新規の用途拡大、需要先拡大の可能性もある。
また、普及が進んだ製品がレーザ光源に代替されることで、性能・機能が一新、市場・需要も一新。再度、改めて需要期を迎えるということもあり得る。現に、当調査レポートの対象製品である「A.プロジェクタ」では、「性能・機能が一新、市場・需要も一新。再度、改めて需要期を迎えた」状況にある。

本調査・本調査資料は、可視光半導体レーザの可能性に着目し、W.Wに大きな市場規模を形成あるいは、注目されるハードウェア5品目を取り上げ、市場調査した。市場規模に加え、レーザ光源への代替理由・トリガ・時期・推移速度・隘路要因など、背景の因果関係(ストーリ)の分析(“見える化”)に留意した。

◼️目次(開始ページ)
Ⅰ.まとめ
 1.光ハードウェア市場の市場調査と可視光半導体レーザの意義 (2)
  1.1概要・要約(2)
  1.2調査期間と経緯(2)
  1.3対象製品(2)
 2.市場拡大の要因・因子・条件(3)
 3.各製品のレーザ光源採用ロードマップ[イメージ](4)
  A.プロジェクタ(4)
  B.HMD[ヘッドマウンドマウントディスプレイ:透過型](5)
  C.民生TV(6)
  D.自動車ヘッドライト(8)
  E.イベント用投光器・サーチライト(9)
 4.各製品市場規模予測:表とグラフ[国内/世界](10) 
  ★2013年~2019年~2020~2025・2030年
  A.プロジェクタ(10)
  B.HMD[ヘッドマウンドマウントディスプレイ:透過型](11)
  C.民生TV(12)
  D.自動車ヘッドライト(13)
  E.イベント用投光器・サーチライト(14)

Ⅱ.個別製品市場
 A.プロジェクタ(16)
  1.市場の現状と予測解説(16)
   1.1製品タイプ分類(16)
    1.1.1概要(16)
    1.1.2プロジェクタ製品タイプ(18)
   1.2市場拡大の要因・因子・条件(20)
    1.2.1要因・因子・条件(20)
    1.2.2ハードウェア機能(20)
    1.2.3環境への影響(21)
   1.3レーザ光源採用ロードマップ[イメージ](22)
  2.市場規模予測:表とグラフ[国内/世界](24)
   ★2013年~2019年~2020~2025・2030年
   ◆データ(ビジネス)プロジェクタの市場規模推移[世界](24)
   ◆参考1:ホームプロジェクタ市場(25)
   ◆参考2:ポケットプロジェクタ市場(25)
   ◆ランプ光源対レーザ光源移行推移:データ(ビジネス)プロジェクタ[世界](26)
   ◆ランプ光源対レーザ光源移行推移:データ(ビジネス)プロジェクタ[世界]
    ランプ光源:レーザ光源構成[台数](27)
  3.主要各社の見解(28)
  4.メーカ事例
   ソニー、ソニービジネスソリューション(29)
 B.HMD[ヘッドマウントディスプレイ:透過型](36)
  1.市場の現状と予測解説(36)
   1.1概要(36)
   1.2市場拡大の要因・因子・条件(38)
   1.3レーザ光源採用ロードマップ[イメージ](39)
    ◆RETISSA Display(QDレーザ)の販売店舗(40)
   1.4課題、阻害(隘路)要因(43)
  2.市場規模予測:表とグラフ[国内/世界](44)
   ★2013年~2019年~2020~2025・2030年
   ◆HMDの市場規模推移[世界](44) 
   ◆非レーザ対走査レーザ構成推移:HMD[世界](42)
   ◆レーザ光源移行推移:HMD:透過型ARグラス(46)
  3.主要各社の見解(50)
  4.メーカ事例
   QDレーザ(48)
  5.関連情報HMD、ウェアラブル機器、市場の評価や見解(52)
   [2019年8月~2019年末まで収集した見解]
   5.1「ウェアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革」(52)
   5.2 UDCast×ウエアラブルで映像コンテンツ: UD(ユニヴァーサルデザイン)とHMD(54)
   5.3 HMDほかウェアラブルデバイスの可能性を広げるクラウドコラボレーション(57)
   5.4 モーションセンサとVRヘッドマウントディスプレイの最新トレンド(58)
   5.5 ユーザ視点から展開するウェアラブルデバイス(59)
   5.6 スマートグラスの進化と製造現場における拡張現実感技術を利用した事例(61)
   5.7 HMDとMR(複合現実感)と景観保全・史跡と新しい観光の形態(63)
    (株)アスカラボ、近畿日本ツーリスト(株)、明日香村ほか
 C.民生TV/参考:マスタモニタと制作用モニタ(70)
  1.市場の現状と予測解説(70)
   1.1概要(70)
    1.1.1 民生TVの経緯(70)
    1.1.2 民生TVとBLにレーザの必要性(71)
    1.1.3 民生TVよりマスモニでRGBレーザの必要性[対BT.2020対策](71)
   1.2市場拡大の要因・因子・条件(73)
   1.3レーザ光源採用ロードマップ[イメージ](75)
    1.3.1民生TVバックライト(75)
   1.4課題、阻害(隘路)要因(76)
  2.市場規模予測:表とグラフ[国内/世界](77)
   ★2013年~2019年~2020~2025・2030年
   ◆民生TVの市場規模推移[世界](77)
   ◆LEDバックライト(赤レーザ含む) RGBレーザバックライト構成推移:民生TV[世界](78)
   ◆LEDバックライト(赤レーザ含む) 対RGBレーザバックライト移行推移:民生TV[世界](79)
 D.自動車ヘッドライト(80)
  1.市場の現状と予測解説(80)
   1.1概要(80)
    1.1.1 自動車ヘッドライトの現状とレーザ採用の現実度(80)
    1.1.2 レーザ採用パターンと見通し:HiハイビームとADBでレーザ採用(82)
   1.2市場拡大の要因・因子・条件(83)
   1.3レーザ光源採用ロードマップ[イメージ](84)
   1.4課題、阻害(隘路)要因(85)
  2.市場規模予測:表とグラフ(W.W) 86
   ★2013年~2019年~2020~2025・2030年
   ◆ヘッドランプセットの市場規模推移[世界](86)
   ◆ヘッドライトユニット・光源ユニット構成推移 [世界](87)
   ◆ヘッドランプ市場:従来光源・・レーザ[世界](88)
 E.新規製品:イベント用投光器・サーチライト(89)
  1.市場の現状と予測解説(89)
   ◆概要(89)
  2.市場規模予測:表とグラフ[世界](92)
   ★2013年~2019年~2020~2025・2030年
   ◆レーザ投光器の市場規模推移(92)

◼️資料概要
◇タイトル:2020:高品位・高臨場映像製品市場と可視光半導体レーザ光源の応用市場調査
◇発刊日 :2020年1月17日
◇領価  :     書籍版 :250,000円(税抜)
       CD-ROMセット:260,000円(税抜)

◆資料のお申込み/質問は下記問合せフォームからお願い致します。

※実際に書籍をご覧頂き、内容を確認頂いた上で購入可否を決めて頂く見計らいサービスも行っております。試読を希望される方は下記フォームの「試読依頼」にチェックの上ご連絡先をお伝え下さい。試読版書籍を持参または郵送させて頂きます。
※弊社では「市場調査サービス」の提供も行っています。テーマに関連する個別カスタム調査を御希望の場合もお気軽にお問い合わせ下さい。

    PAGETOP