マーケットデータ・調査・レポートは株式会社日本・社会システムラボラトリー

大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2016

『大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2016』


■最新版が発刊されています

「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018」(2018年6月26日発刊)

■はじめに
第32回オリンピックが東京に決まり、日本はこのイベントに向けて動き出す状況となりました。
前回の東京オリンピックの決定は1959年(昭和34年)で開催は1964年(昭和39年)であり、この時期今に続く都市の形が作られました。
この”箱もの”整備が前回の刷新であれば、今回二度目の東京オリンピックは”人を取り巻く情報環境”の刷新です。

東日本大震災以降、災害などへの対策、一方で訪日観光客:インバウンドに対する日本の親切・おもてなし。
巷間の情報の出口として人に触れるデジタルサイネージは、この状況下で絶好のポジションにあります。

デジタルサイネージは、総務省『2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会』においても議論の中心として、メディア各種の中でもその機能・効果について重要度が語られるようになりました。
小さなディスプレイから大きなディスプレイ、シネコンの画面、巨大な屋外ビジョンまで含めて、すべてがサイネージという環境が構築されて行きます。
デジタルサイネージの名称は、更に広汎な”スクリーンメディア”が適する時代に入ります。

よりプレミアムな8Kもすでにサイネージに登場。このあたりの状況を本書で触れております。
改めて、次の発展段階に入ったデジタルサイネージ、またはスクリーンメディアの最新動向を読み解いて頂けます。

■内容
◆発刊によせて・大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧 2016
・「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧 2016」 ごあいさつ
・「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧 2016」の発刊によせて

I.特別寄稿
◆高度映像・情報技術と今後の市場
・超高解像度 8K 映像技術の医療応用に高まる期待
・“エアウィッチ”30 秒で組み立て可能な空中映像表示キット
・これからのファイルベースワークフローとLTOの活用について
・特別対談 「VR の進展で 21 世紀の未来を描くフォーラムエイトと表技協の取り組み」
・大型映像とデジタルサイネージ最新動向
・大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧 2016

II.本編
第1章 大型ディスプレイの最新市場・動向
・業務用大型フラットパネルディスプレイ市場動向
・2016:“スクリーンメディア”・デジタルサイネージの市場動向

第2章 大型ディスプレイ&サイネージの最新技術動向
・高精細映像時代へ向けて躍進するシャープのデジタルサイネージビジネス
・デジタルサイネージ用液晶ディスプレイの国内市場をリードするシャープの事業戦略と最新導入事例を聞く
・大型映像機器のレンタル市場で国内屈指の実績を誇るバルコの事業展開
・クリスティ・デジタル・システムズ日本支社支社長の池田俊治氏に聞く
・全国で大活躍するクリスティのプロジェクター
・24 時間 365 日のサポート体制を構築、デジタルサイネージ市場にも拡販を目指すジーベックスの事業戦略
・超高精細 LED ディスプレイ業界をリードするシリコンコア・テクノロジーの導入事例と最新技術

第3章 デジタルサイネージの最新動向
・プロジェクションマッピング業界をリードするタケナカの 2015 年と 2016 年の主なマッピング事例
・JR 東日本の交通広告における「デジタルサイネージ」のトピックス
~山手線新型車両「E235 系」の登場と新たな駅ナカサイネージ展開~
・デジタルサイネージビジネスの先駆者、PDC の菅原社長に聞く
・フルカラーLED 大型映像システムを使った屋外街頭ビジョンで国内屈指の実績を誇る赤見電機の最新導入事例
・街頭大型ビジョン業界で躍進するパス・コミュニケーションズの宮本新社長に聞く

第4章大型ディスプレイ&デジタルサイネージ関連団体の取り組み
◆DSC:デジタルサイネージコンソーシアム 各部会の取り組み
・「マーケティング・ラボ部会」の活動 デジタルサイネージ・プランナーの育成の必要
・「ユーザーズ部会の活動」と 「Lアラートワーキンググループ」の取り組み
・「プロダクション部会」の取り組み ・「国際標準化戦略部会」の取り組み
デジタルサイネージの国際標準をリードするわが国の活動

◆JPVA:日本パブリックビューイング協会
全国の街頭大型ビジョン事業者を統括する JPVA:日本パブリックビューイング協会の展開

■企画案内
◆タイトル   :『大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2016』
◆発刊日    : 2016年7月15日
◆総ページ数  : 131ページ
◆領価     : 9,200円(税抜)

◆資料のお申込み/質問は下記問合せフォームからお願い致します。

※実際に書籍をご覧頂き、内容を確認頂いた上で購入可否を決めて頂く見計らいサービスも行っております。試読を希望される方は下記フォームの「試読依頼」にチェックの上ご連絡先をお伝え下さい。試読版書籍を持参または郵送させて頂きます。
※弊社では「市場調査サービス」の提供も行っています。テーマに関連する個別カスタム調査を御希望の場合もお気軽にお問い合わせ下さい。

PAGETOP