マーケットデータ・調査・レポートは株式会社日本・社会システムラボラトリー

大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018

『大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018』

 

■発刊ごあいさつ

本年も、この「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧20xx」を制作・発刊することが出来ましたこと、大変感謝しております。原稿を執筆、寄せて頂きました皆様、面談取材に協力頂きました皆様、そして、広告出稿頂きました企業様、ありがとうございました。この紙面を借りて、お礼申しあげます。
毎年このあいさつで、「何冊目の発刊・・・」と伝えてきましたが、今回で10年目・10冊目の刊行となりました。重ねてお礼申し上げます。謝恩も兼ね、講演など何がしかの催事も構想しておりますが、これにつきましては、改めてご案内いたします。

2007年頃、LCDなどの業務用FPDが、巷間いたるところで稼働し情報を発し続けるイメージ。これが“デジタルサイネージ”のイメージで、人の活動を取り巻くICTの新しい環境を夢想したものでした。他方、スタジアムの表示ビジョンや、ビル外壁などの大型ビジョンは‘80年代から存在。場の演出という観点では、半世紀前の東京五輪に遡り、旧国立競技場の“電光掲示板”は文字表示ながら、感動的な閉会式の一助となっていた。一方でアーチストのパフォーマンスに、映像+音響エフェクトの組み合わせが当たり前となった。LIVEイベントもデジタルサイネージなのである。

そして、2020東京五輪、前年2019年にはラグビーW杯。小さな画面から、巨大な画面。“買い場、売り場”から移動車両、屋内外のLIVE会場からスタジアム。コンテンツでは、“場”の案内から広告、ステージパフォーマンス、スポーツ演出・・・。2020年に向かう今は、その後の巷と映像・情報環境を形成する確立期にある。

上記は、毎年観測してきた結果、感じられる2018年の状況である。本書を利用頂き、経緯と現在。以降の推移を読み取っていただきたい。

2018年6月吉日
株式会社 日本・社会システムラボラトリー
代表取締役社長
足立 吉弘

■目次(開始ページ)

◆発刊によせて・大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧 2018
「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018」 ごあいさつ ·················· 発行人 足立 吉弘(3)
「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018」の発刊によせて ············· 編集長 川田 宏之 (4)

Ⅰ.特別寄稿

◆高度映像・情報技術と今後の市場

「ついに実用化した8K内視鏡システム」(5)
  カイロス株式会社 取締役
  一般社団法人 MIC: メディカル・イメージング・コンソーシアム 理事 山下 紘正

「ダイナミック光パスネットワーク技術による超高精細・超低遅延 テレセッション」(11)
  国立研究開発法人 産業技術総合研究所 並木 周 柿林 博司
  株式会社 光パスコミュニケーションズ 松浦 裕之 小川 太郎

「VRソフトウエアを中心とした最先端企業として発展を続けるフォーラムエイト」(21)
  株式会社フォーラムエイト 代表取締役社長 伊藤 裕二
  大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018 編集長 川田 宏之

「メディアワークフローにおけるクラウドとAIの活用」(27)
  IBM東京ラボラトリー 研究開発・システム開発 藤原 忍

「なりきり遊びをリッチに演出するサイネージ利用」(32)
  株式会社 コト 開発部 高橋 潤

「カラオケの最新事情~株式会社エクシングの取り組み~」(37)
  株式会社エクシング 技術戦略部 伊藤 秀樹

「FLOWシリーズとインセクト・マイクロエージェンシーがデジタルサイネージで目指す方向」(42)
  株式会社インセクト・マイクロエージェンシー 代表取締役 川村 行治

「株式会社ビズライト・テクノロジーが目指す
 ダイナミックDOOHデバイスとしてのデジタルサイネージと新たな技術潮流」(48)
  株式会社ビズライト・テクノロジー 代表取締役社長 田中 博見

「進化した裸眼3Dディスプレイと市場」(55)
  3DBiz研究会 代表幹事 大久保 洋

「LEDディスプレイにおけるLEDコンポーネントの役割~OSRAM Opto Semiconductorsの取り組み~」(60)
  オスラム オプトセミコンダクターズ ジャパン株式会社
  インダストリー&モバイルデバイス マーケティング
  アシスタントマネージャー 矢崎 墾

「秋葉原UDXビジョン事業と今後の展望」(65)
  株式会社エヌ・ティ・ティ・アド NTTアドメディア局 局長 出口 秀一

Ⅱ.本編

第1章 大型ディスプレイの最新市場・動向

「ビジネスプロジェクターの国内市場動向」(73)
  株式会社富士キメラ総研 研究開発本部 第二研究開発部門 主任 山田 英吾

「業務用大型フラットパネルディスプレイ市場動向」(77)
  IHSテクノロジー ディレクター 大型ディスプレイ市場担当アナリスト 氷室 英利

「2018:“スクリーンメディア”・デジタルサイネージの市場動向」(82)
  本誌発行人 株式会社日本・社会システムラボラトリー 代表取締役社長 足立 吉弘

「超高精細化が進展するLEDディスプレイの現状と今後の展開」(90)
  大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018 編集長 川田 宏之

「世界最大級の大型LEDディスプレイなどの展示会
 『2018 International Signs and LED Exhibition (ISLE 2018)』の動向(93)
  大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018 編集長 川田 宏之

「各地でプロジェクションマッピングのアワードが開かれる」(101)
  大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018 編集長 川田 宏之

第2章 大型ディスプレイ&サイネージの最新技術動向

「超高精細LEDディスプレイで新市場の開拓を目指すシリコンコア・テクノロジーの最新動向」(106)
  ディスプレイと社会編集部

「中国・シンセンで創業 トランステック社は大型LEDディスプレイで日本市場への進出も目指す」(109)
  ディスプレイと社会編集部

「ウシオエンターテインメントホールディングスのジーベックスが展開する最新の大型映像システム」(114)
  ディスプレイと社会編集部

「日本市場で躍進を続けているレイヤードジャパンの大型LEDディスプレイの真髄に迫る」(119)
  ディスプレイと社会編集部

「重要度の増す監視制御システム市場の発展に貢献する株式会社メイコーの映像機器ソリューション」(124)
  ディスプレイと社会編集部

「バルコの大型映像市場への取り組み」(127)
  ディスプレイと社会編集部

第3章 デジタルサイネージの最新動向

「JR東日本の交通広告における「デジタルサイネージ」のトピックス
 ~交通広告で進むデジタルシフトとスマートフォン連携の新たなトライアル~」(132)
  株式会社ジェイアール東日本企画 交通媒体本部 山本 孝

「プロジェクションマッピング映像演出業界をリードするタケナカ LED演出など新境地にも進出を図る」(138)
  ディスプレイと社会編集部

「チームラボがマッピング技術を駆使
 和太鼓LIVE:『Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響-MANGEKYO-』(143)
  ディスプレイと社会編集部

「多用な空間演出のジャンルで活躍するホワイトベースの展開」(145)
  ディスプレイと社会編集部

「デジタルドームシアター(シンラドーム)の展開」(147)
  ディスプレイと社会編集部

「プロジェクションマッピングの新展開」(150)
  ディスプレイと社会編集部

第4章 大型ディスプレイ&デジタルサイネージ関連団体の取り組み

◆DSC:デジタルサイネージコンソーシアム 各部会の取り組み

「新フェーズに向かうデジタルサイネージとデジタルサイネージコンソーシアムの活動2018」(154)
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム 常務理事 江口 靖二

「ユーザー・エクスペリエンス部会」の活動と「アテンドサイネージガイドライン」(156)
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム
  ユーザー・エクスペリエンス部会 幹事
  株式会社ネクスウェイ サイネージネットワーク推進室 プロジェクトリーダー 小坂 悠真

「マーケティング・ラボ部会、サーティフィケーション部会」の活動~DSC オンライン講座~(160)
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム
  マーケティング・ラボ部会 幹事
  株式会社オリコム OOH局 シニアマネージャー 吉田 勝広

  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム専務理事
  サーティフィケーション部会幹事
  タワーレコード株式会社 代表取締役副社長 伊能 美和子

「ユーザーズ部会」の活動と「Lアラートワーキンググループ」の取り組み(163)
 一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム 理事
 ユーザーズ部会/Lアラートワーキンググループ 幹事 山本 孝

「国際標準化戦略部会」デジタルサイネージ国際標準化の取り組み(166)
 デジタルサイネージコンソーシアム 佐々木 守彦

「ライブエンターテイメント部会」活動報告(170)
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム
  ライブエンターテインメント部会 幹事
  スカパーJSAT株式会社 橋本 英樹

「システム部会」の活動報告:次世代インタラクティブサイネージの検討(176)
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム 清水 健太郎

「プロダクション部会」の取り組み(177)
  一般社団法人 デジタルサイネージコンソーシアム プロダクション部会

⬛資料概要
◆タイトル   :『大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2018』
◆発刊日    :2018年6月26日
◆総ページ数  :190ページ
◆領価     :9,200円(税抜)

◆資料のお申込み/質問は下記問合せフォームからお願い致します。

※実際に書籍をご覧頂き、内容を確認頂いた上で購入可否を決めて頂く見計らいサービスも行っております。試読を希望される方は下記フォームの「試読依頼」にチェックの上ご連絡先をお伝え下さい。試読版書籍を持参または郵送させて頂きます。
※弊社では「市場調査サービス」の提供も行っています。テーマに関連する個別カスタム調査を御希望の場合もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

PAGETOP