マーケットデータ・調査・レポートは株式会社日本・社会システムラボラトリー

2021:デジタルコンテンツ市場の調査と研究 Part1

『2021:デジタルコンテンツ市場の調査と研究 Part1〜デジタルサイネージ、次世代ロボット、自動車』

■目次<ページ数>

【まとめ】
・コンテンツと社会のプラットフォームクロスメディア<Society>ソサイアティ(図) <1>

1.本資料の構成 <2>
2.社会インフラ:5Gの環境、2020〜2030 <4>
3.各章:各分野ダイジェスト(ポータルページ)
 Ⅰ.デジタルサイネージ <7>
 Ⅱ.次世代ロボット <8>
 Ⅲ.自動車(モバイル1) <9>

【各論】
Ⅰ.デジタルサイネージ <10>
1. デジタルサイネージの定義と概観 <10>
 1.1 市場概観:推移と現状 <11>
 1.2 ビジネスの段階に入った(‘12 年) ⇒2021 年のサイネージ
2.サイネージ分析定義 <13>
3.市場規模 <16>
 3.1 デジタルサイネージ定義 <16>
 3.2 デジタルサイネージ市場規模推移・予測 <17>
4.今後の発展 <23>
 4.1 地図広告:表示灯株式会社の“ナビタ” <23>
 4.2 街路のサイネージ <29>
  4.2.1バスシェルタ(バス停)とICT・情報表示 <29>
  4.2.2 公的看板と景観と防災/市・自治体の広報掲示板 <30>
4.3 サイネージ事業に新しい技術の投入:PDC ピーディーシー株式会社 <32>
 4.3.1 PDC の事業 <32>
 4.3.2 顔認証の現状と今後 <33>
 4.3.3 8K 積極展開 <34>
 4.3.4 飲食テーブル型コンシェルジュ:タッチパネルディスプレイテーブル <35>
5. 展示市場 <36>
 5.1 潜在市場:最新の業務用ディスプレイや、配信・クラウド型サービスから
       “放って置かれているサイネージ”“眠っているサイネージ市場” <36>
 5.2“放って置かれているサイネージ”“眠っているサイネージ市場”:プレーヤ再生のサイネージ <37>
 5.3“放って置かれているサイネージ”“眠っているサイネージ市場”:潜在ロケーション施設数試算 <37>
6.個別調査票 <40>
 6.1NTT テクノクロス <40>
 6.2 東急エージェンシー <48>
 6.3 エムシードゥコー(MC ドゥコー) <53>
 6.4 インパクト TV <60>
 6.5 アビックス <67>

まとめ
II.次世代ロボット <68>
 過去のまとめ ⇒ ⇒ ⇒今回:2021年の要約 <68>
1.概要:次世代ロボットの現状:話題のみ(虚像)から 2014 年以降本物の時代へ移行中 <69>
 1.1 ロボット市場の区分(カテゴリ考え方) <70>
  1.1.1 産業用ロボット・自動化産業機械 <70>
 1.2.過去のロボット市場規模:2008 年度 <75>
  1.2.1 2005 年で終息:メーカ・企業が注目したのは 2005 年まで <75>
  1.2.2 経緯:2008 年度の調査結果 <75>
  1.2.3 2020 年度:現在の市場規模(国内需要) <77>
2.次世代ロボット市場の変遷:本格市場となる経緯 <80>
 2.1.パートナロボットの変遷:1990 年代~2011 年(東日本大震災時) <82>
 2.2. パートナロボットの変遷:2011年~2015年・2016年以降 <83>
3.市場規模推移・予測:2015~2020・2025 年 <84>
4.ロボットの区分 <86>
 4.1.全ロボット <86>
 4.2 次世代ロボット <86>
  4.2.1 A、コンスーマロボット <86>
  4.2.2 B.業務ロボット <86>
 4.3.自動化産業機械 <86>
 4.4.産業用ロボット <86>
5.トヨタ自動車のパートナロボット事業 <87>
 5.1 パートナロボット商品化・事業開始 <87>
 5.2 2007 年 12 月パートナロボットの実用化ビジョン <88>
 5.3 実用化ビジョンと具体的開発 <89>
 5.4 パートナロボット:開発・事業化テーマ <91>
  5.4.1 テーマ 1:全ての人に移動の自由を:4 つのロボット開発 <92>
  5.4.2 テーマ 2:生産現場 <94>
 5.5.自動車に次ぐ事業の可能性 <95>
6.個別調査票 <96>
 6.1 アイロボットジャパン合同会社 <96>
 6.2 株式会社エルエーピー(LAP) <104>
   ロボット研究開発拠点都市 プロジェクトチームアトム
   KAIT:神奈川工科大学
 6.3 ALSOK:綜合警備保障株式会社 <113>
 6.4 ヤンマー株式会社 <122>
 6.5 アマノ株式会社 <131>

III.自動車(モバイル 1) <139>
 ◆2010 年レポートの要約 ⇒ ⇒ ⇒ 2011 年ごろ、東日本大震災直前ごろの ITS
  2014 年ごろから ⇒ ⇒ ⇒ 自動運転に急変化⇒⇒⇒ 2020・2021 ⇒ 2030年 <139>

1. クルマと都市・社会インフラ <140>
 1.1自動運転の現状と今後:2017 ~ 2020 ~ 25 ~ 2030年 <140>
  1.1.1 社会システムの中のクルマ:発展経緯・話題の経緯 <140>
  ◎情報とクルマ ⇒ エネルギとクルマ ⇒ 自動運転 <141>
   A.2000 年以前~2000 年代~2015 年辺り <141>
    ◆ITS・テレマティクス <141>
    ◆旧態か? ITS・テレマティクス:日本の高度道路運用 <141>
    ◆道路や道路照明灯(柱・ポール)など、土木・建築系の IT 化が日本の方向であった <143>
    ◆NAVI 登場:NAVI ライフライン社会インフラ系統の発展 <144>
   B.2014 年~2021 年の ITS・テレマティクス <145>
    ◆復活か?官民 ITS 構想
    ◆内閣府:官民 ITS 構想・ロードマップ <147>
    ◆取り組み(構想・対象項目体系) <149>
   C.2015 年辺り~2020 年~2030 年~2035 年 <154>
    ◆自動運転 <154>
   D.自動運転:実現の見通し <157>
    ◆国内各レベルの実行時期:2015・2020 年~2025 年~2030 年~2035 <157>
  1.1.2 自動運転の現実度:何が出来るのか? <158>
  1.1.3 各レベル解説 <160>
   a.Level 0:自動的な運転支援なし <160>
   b.Level 1:自動的な運転支援 <161>
   c.Level 2:部分運転自動化 <162>
   d.Level 3:条件付き自動運転 <163>
   e.Level 4:高度自動運転 <164>
   f.Level f.Level <165>
  1.1.4 自動運転:最大の課題 <166>
  1.1.5 自動車の定義:ジュネーブ条約 <168>
  1.1.6 自動運転:今後登場するクルマ・道路運用 <171>
   A.高速道路 <171>
    A-1 商用車 <171>
    A-2 マイカー <172>
   B.一般道路 <173>
    B-1 商用
     a.路線バス <174>
     b.宅配など、運送のクルマ <175>
     c.小乗り合いクルマ <177>
     d.シェアカー <178>
    B-2.一般向け
     a.新モビリティ <180>
     b.マイカー <182>
  1.1.7 自動運転のクルマ <183>
  1.1.8 LiDAR とクルマのセンサ <184>
2.自動運転の見通し:ロードマップ <190>
3.市場規模予測 <195>
4.最新現状・最新実験例 <198>

⬛資料概要
◆タイトル   :『2021:デジタルコンテンツ市場の調査と研究 Part1』
◆発刊日    : 2021年1月20日
◆領価     : 書籍のみ:440,000円(税込)
          CD-ROM付(書籍+PDF):451,000円(税込)
※上記価格は消費税10%における総額です。今後消費税率が変更となった際は総額もそれに合わせて変更となります。

◆資料のお申込み/質問は下記問合せフォームからお願い致します。

    市場調査レポート

    市場調査レポート

    PAGETOP